1. オートコールTOP
  2. オートコールとは
  3. アウトバウンド業務効率化

アウトバウンド業務効率化

興味や協力意思のある方だけをオペレーター様へ繋ぐ
呼出時間の削減だけでなく、興味のない方や意思のない方との無駄な通話時間も削減いたし、アウトバウンド業務をインバウンド業務化いたします。

メガコールの強み

  • 無駄な通話時間等の不要な労力を削減
  • 興味のある方だけを転送し精神的な負担を大幅軽減
  • アウトバウンド業務をインバウンド業務に近い環境へ変換
  • 席数に応じてボリューム調整が可能

アウトバウンド業務効率化の悩み

01クレームを含め生産性の悪い通話が多い

単純な通知や、営業、調査等様々な発信業務がございますが、必ず一定数のクレームが発生いたします。
また、営業における見込の無い方との通話や、調査における協力意思の無い方との通話等、生産性の無い  通話が多く、効率が非常に悪いです。

02アウトバウンド業務の離職率が高い

内容によって多少の差はございますが、電話発信業務は、クレーム等も多く大変ストレスフルな業務です。
生産労働人口が全国的に減少する中で、各社が積極的に採用を行っていることもあり、職業選択の幅が広がっている環境となりました。その環境下で、人員を確保し続けることは非常に困難になっております。

03採用が上手く行かない

離職率が高い上に、アウトバウンド業務は電話業務の中でもイメージが悪く、条件を高く設定しているにもかかわらず応募数は決して多くありません。

04スキルの差で獲得率が変わってしまう

組織として教育体制や制度、ツール、トークフロー等をいかに整えたとしてもオペレーター様のスキルは個々に異なるため、クレーム等の発生率を含め効率は大きく異なります。
また、極力スキルの高いオペレーターを効率的に活用しようとしても、それ以前のコール業務を実施しているオペレーターのスキルに依存する部分も多く効率化が困難です。

活用例

ポイント

ポイント

・自動で顧客をセグメントし、目的に合わせた最適なリストを生成。
・見込の無い方とのストレスフルかつ無駄な電話を大幅削減。
・コストを人手以下に抑え、人手の30倍以上コールが可能。

課題・導入のきっかけ

コール対象となるリストは大量に保有しているが、その中で営業対象となる顧客が少なく、無駄な通話時間が多かった。その結果、営業効率が上がらず人員を増やして売上を上げるしかない状態になっていた。

しかし、生産年齢人口の減少もあり、コールセンターの人員確保が困難で、事業を拡大できない状況が続いていた。
また、見込みの無い方との通話は、結果が出ずストレスフルなため離職率が高く、悪循環に陥ってしまった。

課題・導入のきっかけ
支払督促

導入

オペレーターのコール数は、1人1日あたり200コール程度の限られた件数ですので、営業効率を向上させるには、不要な通話を削減し、見込のある顧客との通話に専念させる必要があります。

そこで、MEGA-CALLを活用し顧客のセグメントを実施することで、営業効率の高い顧客リストを生成してからオペレーターがコールを実施するフローを構築。

課題後の変化・効果

MEGA-CALLを活用したセグメント調査により、1日の発信で1,000件程度の見込リストを生成することができ、獲得効率が大幅に改善することができました。

また、ネガティブな顧客との通話数が少なくなり、オペレーター様の負担を軽減することに繋がり、獲得効率の向上と事業拡大がしやすい環境を作ることができました。

課題後の変化・効果

メガコールの機能・サービスについて

メガコールはお客様のご希望・ご要望にお応えできるよう、
様々な機能やサービスを兼ね備えております。右記ボタンより詳細ページへお進みください。

よくある質問

無料資料ダウンロード

オートコール簡易要件確認書

オートコール簡易要件確認書

オートコールを活用したいけど何から始めればいいの?まずはオートコール導入前に自社の現状を把握しましょう。

オートコール業者比較表

オートコール業者比較表

コンペや相見積もりの際にご活用いただける「業者比較表」です。

お問い合わせ

CONTACT

- お電話でのお問い合わせはこちら -

03-5412-8100

- メールでのお問い合わせはこちら -