1. オートコールTOP
  2. オートコールとは
  3. RPA(業務自動化)

RPA(業務自動化)

定型化された電話業務をメガコールを活用して効率化いたします。 また、既存の顧客管理システム等とAPIによる連携を行う事で、コール業務を自動化することも可能です。分岐や外線転送、SMS送信等、多様な機能を組み合わせ、様々な業務フローに対応可能です。

メガコールの強み

  • オペレーターの30倍以上の 電話発信業務が可能
  • 受発信共に対応可能
  • 転送やSMS送信 音声合成による個別対応等 多彩な機能
  • 費用の発生は 電話が繋がった分だけ

電話業務の悩み

01人手では対応可能数に限界がある

人手で1日中発信し続けた場合の発信可能な件数は、200件程度ではないでしょうか。  架電対象の件数が多い場合は、架電対象の件数に応じて人や日数を増やすしかありません。  また、1日の中で電話の繋がりやすい時間は、限られているため、効率的な架電をするためには  該当時間内で集中的にコールを実施する必要がありますが、いかにシフトを工夫したとしても  人手ではその調整は困難です。

02離職率が高く人員確保が困難

内容によって多少の差はございますが、電話発信業務は、大変ストレスフルな業務です。  生産労働人口が全国的に減少する中で、各社が積極的に採用を行っていることもあり、職業選択の幅が  広がっている環境となりました。その環境下で、人員を確保し続けることは非常に困難になっております。

03採用・教育コストが掛かる

「 02.離職率も高く人員確保が困難」に記載した通り、現在の環境では、離職率も高く採用することも非常に  大変な状況となっております。また、採用してからも実際に稼働するまでには、オペレーター様の教育が  必要となりますが、どれだけ教育に時間を費やしても個々のスキルには差が生じるため、継続的な  フォローも必要となり膨大なコストと時間を費やすことになります。

04営業時間内で対応しきれない

営業時間内に集中して発信業務を実施しても社会人を含め、日中電話に出ることが困難な方は  多くいらっしゃいます。また、その方々が営業時間外に折返しご連絡をいただいても営業時間外のため、  対応できないという悩みはございませんでしょうか。  また、その方々へのご連絡を全て土日祝日に回そうとしても、土日祝日はオペレーター様も集まりにくいため  対応しきれないという悪循環に陥りがちです。

活用例

貴社のご要望に合わせた適格な内容を探すことができます。下記ボタンよりお進みください。

メガコールの機能・サービスについて

メガコールはお客様のご希望・ご要望にお応えできるよう、
様々な機能やサービスを兼ね備えております。右記ボタンより詳細ページへお進みください。

よくある質問

無料資料ダウンロード

オートコール簡易要件確認書

オートコール簡易要件確認書

オートコールを活用したいけど何から始めればいいの?まずはオートコール導入前に自社の現状を把握しましょう。

オートコール業者比較表

オートコール業者比較表

コンペや相見積もりの際にご活用いただける「業者比較表」です。

お問い合わせ

CONTACT

- お電話でのお問い合わせはこちら -

03-5412-8100

- メールでのお問い合わせはこちら -