1. オートコールTOP
  2. オートコール
  3. 【お悩み別】オートコールで解消できる課題まとめ

【お悩み別】オートコールで解消できる課題まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【お悩み別】オートコールで解消できる課題まとめ

顧客への連絡業務やリサーチを、電話オペレーターやダイレクトメール(DM)などを使って行われている企業様は多いと思います。

そして、これらの業務に課題がひとつもないという企業様は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。

ここでは、上記に代わる手段として「オートコール」をご提案いたします。お悩み別に改善案もご紹介しますので、もし当てはまる課題があれば、ぜひ導入をご検討してみてください。

営業訪問のアポイント獲得や商品の売り込みのために、アルバイトのアポインターを雇って大量にコールさせる「営業テレアポ」。

ごく一般的な営業活動ですが、以下のような課題を抱えていらっしゃる企業様が多いかと思います。

【お悩み1】手動で1件ずつ発信するのが非効率的

アポインターが1件ずつリストを見ながらダイヤルしていくため、発信自体に時間がかかります。また、番号の見間違いや押し間違いも発生します。 そのため、テレアポの本来の目的である「お客様との商談」以外のムダな手間と時間がかかってしまい、非効率的です。

オートコールならこう解決!

オートコールサービスは、あらかじめ登録された電話番号に対し、指定時間にシステムで一斉にコールするため、手動に比べて短時間に正確に発信することができます。

【お悩み2】コストパフォーマンスが悪い

アポインターは、アルバイトのなかでも高時給な仕事。精神的にきつい業務なので離職率が高く、高時給を出さなければ長く働いてもらえません。かといってコストを抑えようと時給を下げれば、人が集まりません。

高時給だからといってすべてのアポインターのアポ率が高いわけでもなく、コストパフォーマンスは低くなりがちです。

オートコールならこう解決!

オートコールシステムは一斉に大量発信が可能で低コストなうえ、反応率も2~3%といわれておりアポインターによるテレアポと同等で、高コストパフォーマンスです。

【お悩み3】リストの精度が悪い

テレアポ用のリストはどのように入手されていますか?リスト会社から購入したり、電話帳から独自に作成したりという企業様がほとんどだと思います。

あたりまえのことですが、それらのリストでわかるのは業種や会社名、電話番号などだけで、相手がその商品・サービスに興味を持ってくれるかどうかは電話をかけてみるまでわかりません。

そのため、母数は大きくても、アポ率以前にリストの精度が悪く、非効率的だといえます。なかには、すでに不通になってしまった番号が含まれていることすらあります。

オートコールならこう解決!

オートコールは、登録した電話番号に一斉にコールできて効率が良いうえ、プッシュホンの番号選択によるアンケート調査も可能です。これを利用して、リストの精査が行えます。

本格的な営業電話をかける前のプレコールとして番号がつながることを確認したり、簡単なアンケートに回答してもらい商品への興味・関心を測って見込み客を精査するなど、より効率的な営業活動を行うための下準備として活用できます。

【お悩み4】不在・留守電時の架電コスト

電話をかける相手先が在宅かどうか、担当者が在社しているかどうかは、実際に電話をかけてみるまでわかりません。もし、不在や留守番電話だったときは、架電にかかった時間や手間、通話料がムダになってしまいます。

オートコールならこう解決!

オートコールサービスは、時間を指定して一斉コールができるので、在宅率の高い時間帯を設定することができます。また、もし不在や留守電だったとしても、人手がかかっていない分、コストを抑えることができます。

【お悩み5】架電結果のデータ入力業務に時間がかかる

テレアポでは、電話をかけた結果を履歴として残すのに手間がかかります。アポが取れなかった場合は、入力作業がそのままコストになってしまいます。

オートコールならこう解決!

オートコールサービスでは、架電結果を自動で集計してデータベースを作成する機能がついているため、1件ずつ履歴を残す手間も時間もかかりません。

オートコールの概要については、こちらの記事でも詳しくまとめています。あわせてご確認ください。
オートコールとは

選挙の情勢調査や住民の市政満足度調査などの各種リサーチを、アポインターを使って行う調査テレアポでは、以下のようなお悩みが聞かれます。

【お悩み1】手動で1件ずつ発信するのが非効率的

営業テレアポと同様のお悩みで、アポインターが1件ずつリストを見ながらダイヤルしていくため、発信自体に時間がかかるうえ、番号の見間違いや押し間違いも発生、と非効率的です。

オートコールならこう解決!

オートコールなら、あらかじめ登録された電話番号に対し、指定時間にシステムで一斉にコールするため、手動に比べて短時間に正確にかけることができます。

【お悩み2】大量のサンプルが必要となり、コストがかかる

調査テレアポでは、サンプル数が多くなければ精度が下がり、意味をなさないため、大量のサンプル獲得が必要となります。そのためには、母数として大量のコール数を担保しなければなりません。

しかし、大量のコールのためには、それだけ大人数のアポインターが必要になってきます。採用にかかるコスト、教育にかかるコスト、労務管理のためのコスト…とコストが膨らみがちです。

オートコールならこう解決!

オートコールサービスでは、登録した大量の電話番号に一斉にコールできるため、効率良く調査が行えます。

【お悩み3】不在・留守電時の架電コスト

営業テレアポと同様のお悩みで、実際に電話をかけてみるまで相手先の不在・留守がわからないため効率が悪く、不在や留守番電話だったときは、架電にかかった時間や手間、通話料がムダになってしまいます。

オートコールならこう解決!

オートコールなら、時間を指定して一斉コールができるので、在宅率の高い時間帯を設定することができます。もし、不在や留守電だったとしても、人手がかかっていない分、コストを抑えることができます。

【お悩み4】在宅率の高い時間帯に大量発信する必要がある

不在や留守による架電コストを抑えるためには、夕方など電話がつながりやすい時間帯に大量に発信する必要があります。しかし、そのためには短時間とはいえ、大人数のアポインターを確保しなければなりません。人数に比例して人件費も増えますし、人員確保が難しくなってきます。

オートコールならこう解決!

オートコールは、大量な同時発信を得意とするサービスなので、在宅率の高い時間帯を指定して低コストで調査コールをかけられます。

【お悩み5】営業と間違えられて切られる

電話の受け手のなかには「営業電話にはこりごりだが、調査になら協力しても良い」と考えている人が少なからずいるはすですが、アポインターの声のトーンから営業電話と勘違いされてしまい、話を聞く前に電話を切られることがあります。

オートコールならこう解決!

オペレーターではなく録音音声が流れるため、警戒心を持たれずに話を聞いてもらいやすく、調査であることを知ったうえで協力するかしないかを判断してもらえる可能性が格段にアップします。再生音声をプロのナレーターに頼めば、さらに信頼度は増すでしょう。

オートコールの概要については、こちらの記事でも詳しくまとめています。あわせてご確認ください。
オートコールとは

営業テレアポの場合も調査テレアポの場合も、オペレーターという人手に頼る部分は共通しています。一方、オートコールは発信業務に人手を使いません。

人が業務を行うことで、以下のようなお悩みが生じます。

【お悩み1】教育・研修に時間と手間ヒマがかかる

オペレーター業務は基本的に精神的にきつい業務で経験者だけではまかないきれないため、未経験者歓迎での募集が基本となるでしょう。人によっては、PC作業から未経験ということもあり得ます。

こういった人材を現場に出すまでには、テレアポに必要な知識を与えたり、ロープレなどの研修を行って育てる必要があります。また、オペレーター業務経験のある人材を雇う場合も、業務内容に合わせてある程度の教育が必要になるでしょう。

教育・研修には、社員が対応する人的コストのほか、研修中のアポインターの時給も発生するため、高コストになりがちです。

オートコールならこう解決!

録音音声を流したり合成音声を流すオートコールなら、人手がかかるのはスクリプト(原稿)作成や音声録音のみなので、研修は不要。当社のメガコールの場合、スクリプトの構成や録音時の発声もアドバイスさせていただいております。

【お悩み2】離職率

繰り返しになりますが、アウトバウンドのテレアポは、かけた相手から文句を言われたりガチャ切りされたりと、精神的にきつい仕事です。いくら高時給といえど離職率は高く、長く働いてくれるアポインターは少ないのが実情です。 そのため、恒常的に採用を行う必要があり、募集費用もかさみます。

オートコールならこう解決!

テレアポ業務をオートコールサービスに代替してしまえば、そもそもアポインターを抱える必要がなくなります。

もし、オペレーターとして人を残す場合も、ファーストコンタクトはオートコールに任せ、オペレーターは会話の必要性が高い業務のみに当てることで、ストレスが軽減され、離職率の低下が望めます。

【お悩み3】人材不足

上記とも関連しますが、募集をかけても人材が集まらなかったり、繁忙期など短期間のみ大人数が必要な場合は、人員確保が困難というお悩みが生まれます。

オートコールならこう解決!

テレアポ業務を丸ごとオートコールに代替すればアポインターを確保する必要はなくなります。オペレーターが必要な場合も、テレアポに比べてストレスの少ない業務として採用をかけられるので、応募者数の増加が見込めます。

オートコールの概要については、こちらの記事でも詳しくまとめています。あわせてご確認ください。
オートコールとは

督促やお知らせなどを一斉メールなどで通知する場合、コスト面は手頃ですが、以下のようなお悩みが生じます。

【お悩み1】読んでくれたか確認できない

MA(マーケティングオートメーション)ツールなどの開封率まで把握できるようなメール配信システムを使用しているケースを除き、メール配信はできても受け取ったユーザーが見てくれたかどうかまでは把握できないため、高い効果が見込めません。

オートコールならこう解決!

MA(マーケティングオートメーション)ツールなどの開封率まで把握できるようなメール配信システムを使用しているケースを除き、メール配信はできても受け取ったユーザーが見てくれたかどうかまでは把握できないため、高い効果が見込めません。

【お悩み2】メールの不達者には別途電話連絡が必要になる

メールアドレスが変わったり、メールの受信拒否をしているケースでは、お知らせメールを受け取ってもらうことすらできません。その場合、オペレーターによる個別の電話連絡などが必要となり、コストが上がってしまいます。

オートコールならこう解決!

オートコールサービスなら、電話がつながったかどうかというデータも一括で取れるため、つながらなかった電話番号にのみ再度一括で発信するなどの対応が可能で、効率的かつ低コストです。

オートコールの概要については、こちらの記事でも詳しくまとめています。あわせてご確認ください。
オートコールとは

オートコールサービスが万能なわけではありませんが、既存の手段をオートコールに置き換えることで、欠点を補ったり課題を解決したりすることが可能です。

ご紹介してきたお悩みのなかで貴社が抱えているものと同様のものがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。最適なソリューションをご提案させていただきます。

オートコールの概要については、こちらの記事でも詳しくまとめています。あわせてご確認ください。
オートコールとは

オートコールのメリット・デメリット

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある質問

無料資料ダウンロード

オートコール簡易要件確認書

オートコール簡易要件確認書

オートコールを活用したいけど何から始めればいいの?まずはオートコール導入前に自社の現状を把握しましょう。

オートコール業者比較表

オートコール業者比較表

コンペや相見積もりの際にご活用いただける「業者比較表」です。