1. オートコールTOP
  2. オートコール
  3. 1時間に最大30万コール可能!オートコールサービス「メガコール(MEGA-CALL)」とは?

1時間に最大30万コール可能!オートコールサービス「メガコール(MEGA-CALL)」とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1時間に最大30万コール可能!オートコールサービス「メガコール(MEGA-CALL)」とは?

各社からさまざまなオートコールサービスが出ています。それぞれのサービスの特徴を知って、自社の課題に合ったものを選びたいところですね。

こちらでは、最大で1時間に30万コールもの大量コールが可能なオートコールサービス「メガコール(MEGA-CALL)」の特徴をご紹介します。

他社サービスと比較して、オートコールサービスの選定にお役立てください。

メガコールは、1時間に最大30万コールが可能な回線を保有しています。このため、急な大量発信にも対応することができます。

調査やお知らせなどアウトバウンド業務では、在宅率の高い短い時間帯に集中的に大量のコールを行う必要がありますが、そんなときにこの大回線が活躍します。

ほかにも、急に発信が必要になったときや、急にスクリプト(原稿)が変更になったときにも対応できます。

オートコールは、基本的にあらかじめ録音された音声を流すサービスですが、どうしてもオペレーターにつながらないと対応できないような内容もあるかと思います。

そんな場合も、メガコールでは条件分岐や、オペレーター転送が可能なので、自動音声で済む内容は自動音声で対応し、必要に応じてオペレーターにつなぐといった対応が可能になります。つまり、オペレーターが行う業務が必要最小限に抑えられるので、人員配備も最低限で済み、人件費を削減できるのです。

また、録音音声の再生のほかに、合成音声による個別読み上げなどの設定も柔軟に行っております。

発信業務に関する既存システムをお持ちの企業様であれば、API (Application Programming Interface:ソフトウェアの機能を共有する仕組みのこと)により、メガコールとの連携が可能です。その結果、業務の大半を自動化・効率化することもできます。

APIによるシステム連携

https://www.ascend-corp.co.jp/service/mega-call/

以上、メガコールの主な特長をご紹介しました。活用方法としては、IVR(Interactive Voice Response:お客様からの受電を、あらかじめ用意された音声による案内や、入電理由に応じた番号入力でオペレーターへの対応の振り分けを行うシステム)の活用により、世論調査やアンケート、販促などに、音声合成により個別に内容を変えられますので、債権督促や個別案内などにご利用いただけます。

他社サービスと比較して、少しでもご興味をもっていただけた場合は、お気軽にご連絡ください。

オペレーターとオートコールとの違いや、オートコールの具体的な活用事例については、「オートコールとは」のページでも紹介しています。
オートコールとは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よくある質問

無料資料ダウンロード

オートコール簡易要件確認書

オートコール簡易要件確認書

オートコールを活用したいけど何から始めればいいの?まずはオートコール導入前に自社の現状を把握しましょう。

オートコール業者比較表

オートコール業者比較表

コンペや相見積もりの際にご活用いただける「業者比較表」です。